And six hundred and ten at practice

先週の土曜日に、模試だけどとうとう600点超えた。

610点。

一般人にとっては余裕の600だろうけど、自分にとっては、遅れながらもなんとかここまで来た感じ。

あとは本番で600点取れればいい。そんな本番は8月12日。一番早くてもその時期。GMATは、今が稼ぎ時なのか。。

 

今までの積み重ねが響いてここまで時間が掛かっている。算数の躓きと、勢いの英語。

 

コツコツ努力したり、短期間集中してやったり、そういうのが苦手だし、そもそも努力を怠りがちではあるんだけど、

それでも600点というゴールはぶれず、やる。

頑張ればもっと早く済むかもしれないけど、これが自分のペースだから今は仕方ない

 

でも少し改善したい。

 

ってことでこんな文章を書いている場合ではない、か。

 

やります。

at 21:41, charlie, Season 4/ Change jobs: Strive for what I am aiming for- Peace & Development again

comments(0), trackbacks(0), - -

And...to the internal selection

年に一度の部長との面談。

 

昨年伝えていた大学院進学の話、ここがどうなるかが査定よりも自分的には重要だった。

 

結果として、今年社内選考に進めることになり、GMATが既に待ったなしの状態となった。二年くらいやってるけど、ダラダラだった。これでは全然だめ。

 

そして、査定については、褒められることが多くてうれしかったのは事実。

お金で評価してくれることも大事だけど、頑張りを認めてもらえることは「こんなに褒めてもらっていいのかな?」と不安になる反面、素直にうれしい。部下、もしくは他人の頑張りを素直に褒めること、褒めれることを探して褒めてあげること、

これって本当に大事なことだということを、このチームにきて実感しているし、そうしてくれる上司たちには感謝しかない。採用してくれたことにも感謝してるけど。

自分も人をどんどん褒めることが出来る人でありたい。

 

 

さて、道筋は決まってきて、本当に大学院進学への挑戦が始まる。

前提条件であるGMAT、ここをなんとかクリアしよう。

ここをクリアする実力があること=大学院へのスタートライン。

スタートできる位置までいこう。なる早で。

 

 

 

at 17:20, charlie, Season 4/ Change jobs: Strive for what I am aiming for- Peace & Development again

comments(0), trackbacks(0), - -

And....time is there if you forget about cell

携帯を触るのをやめてほかの活動をしてみると、家までの電車の時間が長く感じる。

 

時間はたくさんある。ただ、その時間を「捨てている」だけ。

今日から、どれくらい携帯触らないで過ごせるか。

 

Keep it simple

 

Time-beingを感じながら時間を過ごそう。

 

後、予定帳をなるべくみないで、それでも頭に浮かんでくる大事なことだけしたほうが良い。。かもしれない。

 

 

今日は「苦手」について。

 

克服できないものは、ない。というか十分な努力が出来ていないのに苦手で済ませるのは良くないと思っている。

でも苦手なものはある。算数。

でもIm not tackling to such。逃げながら少しずつしか前進してない。

 

でも、こないだのホンダのProfessionalでやってたのは、「苦手の克服」に重きを置きすぎて、

自分の尖がった強いものが育たなかったといってた。

 

これ、俺も同じ部分ある。いろいろなことに関心をもってやってみる。これ自体は面白いけど、中途半端な人間になっていないか?

 

でも俺はプロじゃない。そして、そんなに極めるべきこともないのかもしれないし、プロフェッショナルである必要もないかも。

 

でも、そういう意味ではやっぱり英語をもっと極めるか。

数学だめなら英語で突破するしかない。そこを尖がらせる。

それが出来るかわかんないけど、とりあえず今は平均にも届いてない。

 

時間は作るものじゃない。既にそこにあるから、あとは捨てないようにつかうだけ。

 

それが今日の教訓。

 

 

at 21:15, charlie, Season 4/ Change jobs: Strive for what I am aiming for- Peace & Development again

comments(0), trackbacks(0), - -

And....second 530 times

本日GMATでした。

550は超えるかなと思っていたけど、甘かった。

とりあえず頑張るしかない。点数取れるようになるまで継続するしかない。

 

でも、時間はないから効果的に!

at 21:00, charlie, Season 4/ Change jobs: Strive for what I am aiming for- Peace & Development again

comments(0), trackbacks(0), - -

And....face it or cover it

今までは、

苦手を得意で補う。

高校受験、大学受験、就活、転職・・・。「得意」が助けてくれてきた。

 

今回、

苦手との闘い→算数

得意を仕えていない→現代文(英語)。これは、自分の「得意」がその程度ってことでもあるんだけど。

 

パターンは2つ。

1. 苦手を克服する

2.「得意」であくまでも勝負。磨きをかける。

 

注意点

「得意」だけでカバーできるか?算数も取れないと、目標に届かないかも。

 

どうしたらうまくいくかを考えて、ベストを尽くすしかない。

 

 

at 23:27, charlie, Season 4/ Change jobs: Strive for what I am aiming for- Peace & Development again

comments(0), trackbacks(0), - -

And...New York

5日間のNY出張へ行ってきた。

 

お客さんへあったり、ほかの金融機関へ行ったり、Meetingに参加したり、ConferenceやCallに出席。

Face to faceのコミュニケーションの良さと楽しさを感じました。

 

お気楽な出張で、何かを決めてこないといけないプレッシャーはなかったということはあったけど、

そこを最大限活用させてもらって、楽しみ、

良い経験をしてきたと思う。

 

これをどう業務に活かせるかというと、

「何かあったら電話で話せばいいじゃん」という気持ちになれたことかな。

 

コミュニケーションに憶病にならず、Face to faceでなくても、どんどん会話していこうと思った。

 

さぁ、帰国した今後は、案件がんばろう。

 

 

まとめ↓

出張。良い経験になった。
コミュニケーションは、やっぱり対面が一番だなぁと思った。「現地に行ってきて、どんなもんか見てきたことがある」っていうのが、今後案件に取組むときに「イメージが沸く」ということになり、これからの自分をかなり助けてくれるはず。
行く前は「どうなるかなぁ」と思ってたけど、(1)モチベーションの向上につながる一週間だったし、(2)「もっとやれそう・やりたい」と思えたし、(3)自信がついたし、(4)新しい人脈が出来たのが収穫。次のチャンスに備えて、結果を出しながらレベルアップを図ろう。

at 18:49, charlie, Season 4/ Change jobs: Strive for what I am aiming for- Peace & Development again

comments(0), trackbacks(0), - -

And...an interim talk

 

中間面談。

 

「頑張っている」レベルで評価させる評価軸から「よく結果を出している」レベルでの評価軸へ、移行の時だと思う。

 

脱ビギナー。ビース、またはエースとしてやっていく自負を持って、「出来る自分」として進んでいく必要がある。

 

先輩の抜けた穴を埋めて、一人前として活躍していくモードになろう。

 

あんど、GMATなんとかしよう。

 

at 21:48, charlie, Season 4/ Change jobs: Strive for what I am aiming for- Peace & Development again

comments(0), trackbacks(0), - -

And... a starting pitcher finally/already

 

先輩が転勤することになり、

とうとう先頭で頑張るときが来た。

 

成長の実感のためには、成果を出し続けるしかない。

やるぞ〜

 

そして、GMAT今月だ!

やるぜ!

 

今日前職の時の話をきいた。

3年経っても飲み会の話題になることはありがたいことだし、

がんばってたなぁ、かわいかったよなぁって言ってもらえてありがたいこと。

 

人とのつながりを大切に、今後も最初の3年間のことを忘れないで、頑張ろう。

 

at 10:23, charlie, Season 4/ Change jobs: Strive for what I am aiming for- Peace & Development again

comments(0), trackbacks(0), - -

And.... the best result is not always the first prize

短いようで長かったビジコンが金曜日に終わった。

 

結果は2位。準優勝で一応表彰台。

 

最初は優勝できなくて悔しい思いの方が強かったけど、

全力を尽くしたし、現状これ以上は難しかったかな、と思うと、

表彰という結果が残ってくれてよかったと思う。

 

そして、今回は通常業務を離れて、普段は一緒に働く機会が全くない人たちと、

普段は考えることもないことについて考えて、話し合って、プレゼンまで作り上げるプロセスが

楽しかったし、良い刺激になったし、勉強にもなった。

2012年の冬に韓国の大学で出たカンファレンスに近いものを思い出した。

 

社長を含む役員の前でのプレゼンテーションは、最終的には思い切ってやれたし、質問の数も多かったことから、

関心も持ってもらえたのかな、と思った。

 

さて、ここで一旦一区切り。一か月を切ったGMATを乗り越えなくてはいけない。

 

自分の将来を考えたときに、ここで大学院へと駒を進めることが絶対プラスになる。

まずは入り口、スタートラインに立つために、ここは全力突破。

 

at 22:40, charlie, Season 4/ Change jobs: Strive for what I am aiming for- Peace & Development again

comments(0), trackbacks(0), - -

And...this never changed

最近英語のレクチャーというかチューターのようなことをしています。

 

◆これも何かのきっかけということで、再確認したこと

 

自分はあくまでもネイティブではない。。

やり続けなければ忘れるし、新しいことを覚えなければ進歩もない。

自分は最後までネイティブにはなれないことだけは忘れないようにしないといけないし、学び続けなきゃいけない。

少なくとも今はまだ、マスターには程遠い。中途半端。

 

◆大学時代からの宿題

 

GMATで点数とることっていうのは、ある程度の情報処理能力を持っていると証明すること。

英語の試験じゃなく、情報処理なので、英語はツールとしてネイティブの受験者と対等であるべき。

しかも、希望してる大学院での授業は英語。

 

自分は、まだスウェーデンのときから変わってない。

ツールとしての英語、能力向上が必要だし、そうしないと大学院の勉強を乗り切れない。

そして、GMATをその場しのぎで凌ぐのは無理。

いつも「今こそ」っていってるけど、、今こそレベルアップしなくてはいけない。

 

 

 

 

at 19:13, charlie, Season 4/ Change jobs: Strive for what I am aiming for- Peace & Development again

comments(0), trackbacks(0), - -