And setting a new direction

 

さて、

新しい中期的な目標が出来た。

目標を設定するとき、

「何がしたいか」や「何をすべきか」
はもちろんその判断基準にあるけど、

同じように、

「それは10年後にも出来るか。そしてそれは今やっても10年後にやっても同じ効果か」ということも大事にしている。


今やっといた方がいいことを優先すると、悩みも解決しやすい。

A or Bじゃなくて、 A and then B.


at 07:15, charlie, Season 3/ After uni: First Job at a bank

comments(0), trackbacks(0), - -

And preparing for handoff


 
引継書書き終わった。

結構お客さんいるなぁとか、
おおこのくらいのページ数になったか、

とか感じることもあったけど、
何より(当たり前ではあるけれど)、何も参照せずにずっと
書き続けることができた。

1つレベルアップできたとおもう。

3月の目標を作った。
目標というよりはタスク。

こないだ購入した二冊の本(英語決算書関係)読み終わる。
小説一冊(子供向けだけどwitches)

英語のニュースやトークショーをちゃんと聞くことを意識してみる。
スペイン語の再開。(どこかでつながるかも)


よし。 

at 07:54, charlie, Season 3/ After uni: First Job at a bank

comments(0), trackbacks(0), - -

And How do I spend this last month

 あと一か月を切ったこの銀行での生活。

営業日でいうとあと19営業日です。

残りに向けたスパートかな。

初めての転職。
最初で最後の転職かもしれないけど、

きっちり終わらせて次に進みたいと思う。


  

at 21:26, charlie, Season 3/ After uni: First Job at a bank

comments(0), trackbacks(0), - -

And the sound of my new chapter..

 
転職が決まりました!
新しいチャプターの始まりです。

Season 1 : 0-18yrs old 

Season 2 : 18-23 yrs old

Season 3 : 23-26 yrs old

Season 4 : This coming April

その時は突然来た。

何事もいつ気づくかが大事。元気と負けん気で頑張れ。

気づいたその時が大事。

気づけて良かった。

厳しい道を選んでしまったけど、

すすむしかない。

すすむんだ。

My career goal is becoming a business person that can play an important role irrespective of national boarders.

I am on the way..!
 

at 23:05, charlie, Season 3/ After uni: First Job at a bank

comments(0), trackbacks(0), - -

And many ways but choose only one for now

 キャリアビジョンを考えるというセミナーを受けた。

就職活動中、どのようなことを夢見て、考えて就職したか。
その夢は続いているか、実現したか。

自分にとってキャリアとは??

最後に「自分の○年後のキャリアビジョン」というのを完成させるんだけど、
俺は、6年後にした。

今→3年後→3年後。

近道ではないけど、自分は自分の進むべき道に向かって、なんとなくだけど進んでるんだ
と思った。
近道ではないのは、欲張りだからなんだと思う。

それともう一つ。
大学入学前からのゴールは、やっぱりキャリアに困ったときに、
「とりあえずここに向かっていこう」っていう指針となってる。

「興味があることはいくつかある。けど、わかんなくなったときの為に、ここに向かえるようにだけはしておこう」

って心の中で思ってるんだろう。

自分が大切にしている価値観→わくわく、海外、あたらしいこと、ほめられる、出会い

ということもわかった。

Life and jobは長い年月かけて付き合うものだから、確かに日々意識する必要はある。

そういえば、72時間以内であれば、週刊は復活できるらしい。
と、いうことは、72時間以内に同じことを繰り返せれば、それは「継続」だ。

最後にメモ。

will: What do you want to do?
Can: What can you do for it now?
Value: What do you value and what can you provide people around you with? In what sense can you be valuable to the others?
Who: With whom do you want to do it?
Must: What do you have to do for it?
Making MUST want is vital.


It depends on you whether you do it or not. 
Live better life by becoming what you want to become.  




at 08:34, charlie, Season 3/ After uni: First Job at a bank

comments(0), trackbacks(0), - -

And one with this lost game leading

 
先週決勝があった。
バスケの。


接戦を落として敗戦。

自分は出たけど、何もできず。
結局お客様になってしまった。

次への課題が見えたし、高校三年生のときと結局同じシチュエーションで動けなかった。
きっとあの時試合にでても、日曜日と同じようなパフォーマンスだったんじゃないかな。

8年越しくらいに叶ったこういう「試合」での出場。
あの時は弱気になってしまい、先生も俺を出すことはなかったけど、
今回はチームを支えてきた人間としてコートに立ってほしいということで、
立たせてもらった。

今回の経験を通じて、「Never too late」っていうことを改めて感じた。

高校時代には戻れないけど、
今があるじゃないか。

今まだリカバーできるって思えばできるんだということ。

またみんなと闘うことが出来て本当にうれしいし、行動を起こしてよかった。

次のステージは、
「君たちはもう既にあの頃を超えているよ」計画の実行。


昨日の自分を超える。

さぁ、次が楽しみだ。










at 19:37, charlie, Season 3/ After uni: First Job at a bank

comments(0), trackbacks(0), - -

And my lifetime goal is

 

ライフタイムゴール。
人生のゴールは何か。

職業であれば最後に付きたいゴールは何か。

最初に銀行に就職したときにはあった。
次へのステップとしての選択だった。
だけど、働く中で、
自分にとっての「生きる」ことにおいて、そのゴールであった職業は以前ほど
魅力がなくなって、ステップを踏む気がなくなった。

ゴールがなくなった今、

「次へのステップだから」
とか
「次の職場ではこういうことを学んで成長しよう」だとか、

そういった意識をする必要はなくなり、

そもそも成長なんてもはや意味がないものではないかと思っていた。

んだけど、、、


思った。
結局、
仕事というのは人生を豊かにするツールであり、
自分が色々な経験をすることで、
多種多様な感受性を着けたり、
人間として円熟していく、

自分に視野を与えてくれる、
いや、自分が視野を広げて色々な視点をつける為に、
有効に活用できる道具なんだ、と、ふと気づいた。思った。

だから、それを軸に活動して選択する。

今は、明確な着地点がない自分の指針!


今回の活動において、長く連絡の遠かった友人や、色々な人が
助けてくれて、
世界中でみんなと繋がれてる贅沢な幸福感を味わった。

結果につながるといいけど、
いや、結果につなげるけど、

もう今の段階でとても良い経験値となったことは間違いない。

Let's see what this opportunity brings to me...:)






at 10:12, charlie, Season 3/ After uni: First Job at a bank

comments(0), trackbacks(0), - -

And going to the final in two meanings

 
高校時代のメンバーと先生を集めて、
チームを始動して丁度一年。
去年初めて出た大会。去年は1回戦敗退だった。
けど、今年はビハインドを背負う時もありながらも、決勝進出。

来週、優勝を掛けた決勝があります。
ここで一つのゴールを迎えたい。
チームとして、形として一つ残したい。
それが優勝だと思う。


さて、最近自分の強みや
これまで学んできたこと、
社会人になってから得てきたことを文章で振り返る機会があった。

普通に毎日生きていると、いまいち気が付かないことも多いけど、
こうして文章にすると、自分の中でも考えを整理することができてとても良い。

ただ、やっぱり文字を紡ぐのは体力を使うと感じた。
自分の意図していることを相手に伝えるコミュニケーションは、
怠ってはいけないと実感。


さて、来月の今頃、自分は何を得ているのか。
がんばろう。

at 22:36, charlie, Season 3/ After uni: First Job at a bank

comments(0), trackbacks(0), - -

And catching you has some vallays

話し方で心をつかむという様なセミナーを受けてきた。

大事なのは、
〇訶世鯤僂┐
言葉を変える
ほめる
ぢ擦靴篤世鬚箸
こと。

〇纏と上司に依存しないことが大事。

仕事に楽しませてもらおうとしたり、上司に気を使ってもらおうとしてはダメ。
自分がそういったツールを使って楽しむこと。
自分を主役に考えることが大事。
つまり、目の前の事実は変えられないけどchange the way you look at thingsってこと。
ネガティブな考え方を変えるには、良いところを探す。見つからなければ反面教師にすればよい。
クレームが嫌なものだと思えば、「こうだったらよかったのに」を教えてもらう機会と思えばよい。

ピンチは、「面白くなってきたぜ」と思うことが大事。

△垢澆泙擦鵑任呂覆て「ありがとう」
ポジティブな言葉にする。

レシートをお持ちでないと交換できない・・・という二重否定ではなくて、
レシートをお持ちいただくとすぐに交換いたします。

カレーとシチューどっちがいい?
カレーでいい
ではなく、
カレーがいい
あなたの美味しい野菜たっぷりのカレーがいい

自己開示が重要。自分の気持ちをさらけ出せるか。
共感の言葉が大事。
失敗談をさらけ出すことで、「あるある」といった共感を得たりできる。
悪いところも良いところも開示する。
この掃除機は、高いけど、吸引力はすごい。

クレーム対応の時、前向き言葉としてかけられた言葉〜
勝者になろうとしないこと。クレーム対応は一番嫌な仕事。
逃げることない勇者としてやりましょう。

ほめるとは、相手を認めること。相手に感謝すること。

目に見えない部分を褒める。
自分が受けた影響をほめる。

プレゼンであれば、
「ものすごい準備したでしょう」取り組み姿勢を褒める
「去年よりよかったよ」成長をほめる
「このまま行けば将来すごいよ」未来をほめる
←その気にさせる。
その状態を維持しよう、もっと頑張ろうと思わせる。

マグロ漁船では、60日間8人とかで共同生活するので、
徹底的にお互いを褒めまくるらしい。いがみ合っても仕方ないので。
「君の網裁きすごいね」
「船長が魚をいるところを見つけてくれたからですよ」

じ饗Г蓮∋篆瓦覆こと
相手に与える
利他の精神

人生の価値は相手をどれだけ笑顔にしたかで決まる



at 00:03, charlie, Season 3/ After uni: First Job at a bank

comments(0), trackbacks(0), - -

And when nothing to be written

 
年始から早20日間経過。
ほとんど勉強しないまま、
だらっとした毎日・・・ではないけど、
毎日過ぎてます。

やろうと思えばできる勉強なんてたくさんあったけど、
そこに時間を費やさなかった。

いつも、「勉強しなければ」という意識だけ、頭にあるけど、あっという間に寝る時間
に・・。

モチベーションは高いのだから、あとはそれを実行に移す強さを鍛える。


さて、
手相占いの番組見ていたら、
自分には、一発逆転線があることがわかりました。


それは、

一発逆転線 この線があると、奈落のそこからでも一発逆転這い上がる! {#}の形になった運命線は、一発逆転の線です。 この線が出ていれば、たとえどん底であろうが奇跡的な成功劇があなたを待っています。

っていうことみたい。(笑


仕事でも、「もう無理かな」って思ったときに、
思わぬチャンスが舞い込むことがよくあるんです。最近。

頑張って動き続けることで、運をウエルカムしなくてはいけないんだなと思ったり。
いつも良い準備をしないといけない。


3年は一つの区切りとも言えるので、
少し考えるときはあったし、今もあるけど、


今の環境で、もうちょっと頑張ろう。

この結論が、今一番正しい自分の判断。 

ここで咲いて次に行く!





at 21:24, charlie, Season 3/ After uni: First Job at a bank

comments(0), trackbacks(0), - -