And… be patient and good at asking for a help

なぜか割りと長時間会話。

ざっくばらんに話せてよかったけど、何話したかすぐ忘れそうだから、メモれることはメモろう。


今日は、相談することで、(質問すること)聞くことで、悩みが晴れて、今回の案件について、自信のない理由の根源が解消された感はある。

まだ、一人で解決できることは少ない。それはそれで改善しないといけない問題だけど。

上席や周りの人の手を借りて、自分の足りてない知恵や能力を補填しなくてはいけない。

だから、聞くのが上手な人になる必要がある。それをコミュニケーションというかはわからないけど、「こいつに聞かれるとめんどくさいな」とかって思われないように、快く助言もらえる段取りは必要だと思う。


自分の能力を上げるには、自学すること、そして周りから教えてもらうことだと思った。この2つを組み合わせれれば、尚良い。






at 22:34, charlie, -

comments(0), trackbacks(0), - -

And……what circulating in my mind is

いつもと同じ悩みをまだ抱えたまま今日を過ごしている。


多分前回案件が来て、「あーわかんない」って思ってたときと、全く同じ心境。


早く「飽きたい」。

何が来ても余裕で対応できて、退屈する日々が待ち遠しい。笑


効率化云々よりも、今はただ能力不足。理解力不足。自分の中で何がポイントなのか押さえれていない。


自分の仮説では、いつかは仕事が早くなるんだけど。ここで湧き出る一つの疑問。


「自分には無理なんじゃないか」

早く作業できるようになる自分がイメージつかない笑


いつか早くなる→いつまでもできないんだったら、このステージに自分は残れないんだと思う。


じゃ、他のステージにいく?

でもどこに?

そもそも何で東京に来たんだっけ?


東京に来て、いいことの方が多かったと思ってる。新しい出会いや発見が多い。せわしいけど常に新しいものとの出会い。


でも、それに疲れちゃうときもある。贅沢だけど。


何かにチャレンジしていく、どんどん背伸びしながらも成長していく。この意欲の源ってなんだろう。今は敢えて根本的なことは考えないことにして、大学院を一つの源にしてる。


源が無くなったとき、

例えば今の生活を辞めたらどうなるか。

市役所とか定時でノルマのない世界に入る。

大学の事務員になって、これもまたノルマのない世界。

住宅ローンのオペレーションだけする仕事もそう。

そこでの単調な作業に「飽き」が来たとしても、仕事に求める夢ややりがいがない場合、何も問題は生じないんじゃないかな。ってことは、今の自分がそこに行ったとしても「もっと面白いことしたい。やり甲斐あることしたい」とは思わないから、単純に楽で良い。


今の自分が抱えてる思いは、多分、専門的なこととか、数字の見方とか、経営の考え方とか、自分にとっては複雑でわからないことが沢山ある世界から、わかることしかない世界、わからなくて悩むことがない世界に行きたいんだと思う。


でも、結局「このまま負けたように去るのは嫌だし、出来るようになるまでやるしかない」っていう自分がいるんだろうなぁ。辛いけど‥(笑)

ってことで、今の自分のエネルギー源は、「ここで終われない」で、一つのインセンティブとして「大学院」があると思われる。


〆の仕事をこなせるようになること、その事実が今後の自分自身への自信になって、大学院でダブルディグリー取ることが、リンネ大学でダメダメだった失敗体験を成功体験に変えることになり、これもまた自分の自信に繋がる。

職場は、今のところ、俺のバトルフィールドということで、勝ちたいんだな、という結論。


ただし身体は資本なので、しっかりコンディション調整も心がけようっと。


at 22:29, charlie, Season 4/ Change jobs: Strive for what I am aiming for- Peace & Development again

comments(0), trackbacks(0), - -

And...my interests at the momentooo

今気になっていること。

 

 

ー業務効率化、ワークライフバランス、早帰りするには。

 

仮説を立てると、他国で労働時間が短いところがあると思うけど、

その国の文化とか物事に対する考え方だけでなく、今自分がいる環境で活かせることはないのだろうか?⇒多分あるという仮説。それがなんだかわからないから検証できるレベルの仮説じゃないけど、それを見つけよう。

それを文章にまとめたい。

 

ー企業買収、バリュエーション

なんとなく理解してるつもりになってたけど、改めて勉強してみよう。今の自分の方が前より理解できる(頭に入ってくる)気がする。

 

−MBAファイナンス

とりあえずGMATが終わったら。自分のバックグラウンド的に得意であるべき分野が、そこまで得意ではない。なので、得意にしてから進学しよう。

 

ー簿記

今日、とある監査法人のレクチャーをうけて、結局まだまだ会計や簿記がわかってないのかなと思った。とりあえず今はGMATだけど、とりあえず簿記もっかいやってみようかな。

 

 

以上!

at 00:10, charlie, Season 4/ Change jobs: Strive for what I am aiming for- Peace & Development again

comments(0), trackbacks(0), - -

And…what about studying till late at school?

同じ長時間でも、

やることによって見方は変わる。


きっと大学院に行っても忙しく、同じような日々になるのでは…。


と、いうことで、自分が取ろうとしている選択肢には、常に効率化、時間の効果的な使い方がついて回る。


根性で頑張ってなんとかするんじゃなくて、

根性で頑張って思考して、

効率化の方法を、自分のスタイルで編み出すことが、

大学院行く前に身に着けなきゃいけないツールであると思った。



週末の勉強も同じく。


そういうことも含めて勉強しよう。


とりあえず仮説をたてるところから…。





at 08:14, charlie, -

comments(0), trackbacks(0), - -

And…the main purpose would be going home early rather than getting paid extra

最近の傾向として、

業務の効率化を目指し、早く帰ろう。

残業は、きっちりと記録してサービス残業をなくそう…という動きがある。


残業時間の管理がより厳格になり、

今まで裁量で調整していた(要するにサービス残業)ものが、調整できなくなる。


多分、今の自分だと、裁量労働制に移行したら、それは繁忙期はエンドレス残業な感じになるだろう。


システムを変えて残業しづらくしようというフレームワークの改革、改善はいいと思うんだけど、


根本的な業務効率化ってどうすればいいんだろ。


その人の能力によって効率性の優劣はあるけど、

実際全員が同じ能力なわけじゃないのは事実であって、

そういう人たちが効率化を図ったところで、終わらせられない仕事ばっかりかもしれない。


今の業務でも、確実に帰れる仕組み。

早く帰れる仕組みを、思いつく必要がある。


外側のシステムだけ変えても、仕事量は変わらないし、何か発想の転換が必要な時がきている、今。


マネジメントとして必要な能力が鍛えれそう。


at 23:42, charlie, -

comments(0), trackbacks(0), - -

And……If you keep this up, you're going to regret it.

GMAT、模試をちょっとやってみた…が、このままじゃマジでやばい。


まだ全然準備完了じゃないじゃんか…(汗)



This can't go on like this.



at 22:33, charlie, -

comments(0), trackbacks(0), - -

And what assumption do I think I will bring

最近、仮説を先に立てて、全体像を予想してからそれが実際に正しいのかを検証しながら仕事を進めていくという物事の考え方についての本を読んだ。

「木を見て森を見ず」のような状況に陥らないで、大胆にゴールまでの道のりを予想する。途中で仮説が違うと気づけば修正する。このやり方をやることで効率があがるということで、

何かに取り組むときは、「現時点で最も答えに近いと思われる考え」を出すことを最初にしよう。

 

ということで、自分はMBAにどんな仮説を持っていくのだろうか。

細部を調べる前に、自分なりの仮説を立てようと思ったけど、

そもそもすでに仮説はぼんやりとあってそれを言葉にする作業をすればいいだけなのかも。

MBAによって、自分が得られることができると思う仮説、

それこそが「仮説思考」のフレームワークの取得であるということだと思う。

 

銀行員としてそこそこいろいろな業界を「見る」ということをしてきたけど、ビジネス内容や業界について理解するとき、想像力や理解力に乏しいということを日々感じてきた。

それは自分が銀行以外で働いたことがないことや、その銀行での融資判断の経験も浅いことからきているというのもあるだろう。

でも、ビジネスの考え方についてのフレームワークがないことも大きな要因の一つだと思う。

 

ビジネスの考え方ってなに?

 

◇売上が上がりました。コストを削減しました。

実際はどんな作業がなされているのか。マーケティングなのか。事業展開力なのか。

 

◇リストラをして費用が発生しました。

どんなリストラを考えたのか。そもそも組織運営とはどういうことなのか。

 

「◇」のような事象を数字として確認したときに、どんな作業がされてきたのか仮説を立てるためのフレームワーク。

 

そもそも自分に情報が入ってくる前に、仮説を立てられるようになりたい。

経験を積む中で得るものだけど、基本的な物事の考え方をMBAで学ぶことができるという仮説。

 

この仮説を検証するために、実際はどんな授業を勉強するのかを知ることが必要だと思う。

しかし、まずは、GMAT。

at 20:19, charlie, Season 4/ Change jobs: Strive for what I am aiming for- Peace & Development again

comments(0), trackbacks(0), - -

And…be aware and overcome what is lacking


どんどん仕事は振るから、

辛くなったら言ってくれ。


そう言われると、燃える。


不安しかなかったけど、やらなきゃっていう思いで突っ走るしかない。


今年は浮上する。

結果出していくしかない。


やる気を糧に、辛かったら凹んで、凹んでもいいさ。なんとかなるまでやり続ける他にはないんだから。


スウェーデンの大学で経験した。7回までの再試チャンス。


ハードルをなぎ倒しながら進んだ1年間。

1回で通った試験は1回しかなかった。


今こそスウェーデン。

大変でも、受かるまで(できるまで)やる。


ただし、ハードルはなぎ倒さないで、ちゃんと跳んで、だけど。


大きな挫折の経験が若いときにいくつかあったお陰で、今の自分がある。

バスケットボール。スウェーデン留学。


楽しむことと、今は出来るまで投げ出さないこと。


よし。とりあえず週末っ







at 20:48, charlie, Season 4/ Change jobs: Strive for what I am aiming for- Peace & Development again

comments(0), trackbacks(0), - -

And...making an airplane instead of parachute

新規の案件が出てくると、まだまだ超絶不安が襲ってくる。

 

自分に案件のビジネス内容やストラクチャーが理解できるだろうか

 

期限に間に合うだろうか。

 

こういうときは、以前にも書いたけど、何が不安の原因かを確認する。

そして、それをクリアするしかない。

 

ここを乗り越えないと、成功経験を作らないと、

次のステージに進んじゃいけないと思う。

 

実は、再来年の進学を目指していた大学院が、来年から行くことも可能である制度に変わった。

時期尚早と思う気持ちがある反面、行きたい時にいつでも推薦してもらえるわけではないとも思う。

 

今の会社に転職してきたときも、決して「自分のタイミング」ではなかった。

まだ時期尚早と思っていたものの、来て正解だったと思った。早くに気づけてよかったと思えることは多かった。

 

それでも今年はwaiveしようと思う。

 

今やってる仕事を満足にできるようになって、レベルアップした自分になってから大学院に行きたい。

Well preparedな状態で行くのがベストだと思う。

 

学生になれるチャンスはおそらく次回で最後。

「その効果を最大限に活用できる自分」に進学してもらいたい。

 

今は、まだその時じゃない。

 

まだ、慌てるような時間じゃない。

足元固めよう。

 

at 23:01, charlie, Season 4/ Change jobs: Strive for what I am aiming for- Peace & Development again

comments(0), trackbacks(0), - -

And.....Alea Iacta has been casted

昨日、ついにGMATを申し込んだ。

 

受験日は10月。

 

残り4か月程度。

今までのスローペースじゃまずいので、とりあえずTarget Dateを設定した。

 

GMATで目指す点数は、全然人に自慢できる点数にはならないくらい低い目標だろうけど、600点。

ここさえ取れれば、後は他の準備ができるので、まずはここを突破しよう。

 

あと、もう一つは言語的な意味でIELTS。これは、試験対策が問題なのではなく、有効期間が2年だから、悩ましい。

ギリギリに受けて留学含めて一回で済ましたいけど、たぶん大学院の出願にも必要だから、これもやはり1月くらいには受けておこう。

 

MBAへの最初の一歩。頑張ろ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

at 22:09, charlie, Season 4/ Change jobs: Strive for what I am aiming for- Peace & Development again

comments(0), trackbacks(0), - -